Z900が日本国内仕様で正式デビュー

スーパーネイキッドZ900

価格は95万400円と高いのですが、以前から注目されていたバイクとして、今では脚光を浴びることが多いです。

シャープなデザインとなっているので、一度はZ900に乗ってみたいという人も多いのでしょう。
なによりZ900はパワーだけでなく、ハンドリング性能も追求されているのです。

Z900は機敏なので、操作性もバツグンと驚きの性能を発揮します。
今までパワフルで軽快なバイクというのは、多くのバイクメーカーから販売されてきました。

ですが、時代に伴ってデザインが柔らかくなってきた、スポーツタイプのデザインと主張できるものが減ってきたため、Z900が他とは違うデザインだと気付かせてくれます。
これだけでも十二分に素晴らしいのですが、Z900は優れた足つきにも注目したいです。

運動性能が高次元でセットアップされているため、軽快な走りを求めている人、好きなようにカスタマイズして走りを堪能したい人、そんな人たちから求められる性能を、Z900は有しているのです。
Z900は、パフォーマンスをZシリーズから継承しているバイクでもあるため、ますます進化した走りを所有者に与えるのです。

Z900の特徴

スロットルボディにも癖があり、ダウンドラフトタイプとなっているので、エンジン性能にも自信があるバイクです。

他にも、スムーズなスロットルコントロールが可能となっています。
乗り手はバイクに対する細かい知識が無かったとしても、気軽に高速走行、通常走行を使い分けてZ900を操ることが可能です。

このようなパフォーマンスを実現できているのは、Z900の優れたトルク性能にあるでしょう。
Z900は、吸気だけでなく、排気バルブ径、ポート形状も最適化されているのです。

高速走行に移り変わる際も、自然なフィーリングで加速性能を堪能できるようになっています。
さらに、アームがアルミ製スイングアームとなっているのです。

Z900は軽量化だけでなく、アルミ製による頑強さで安全性も確保されています。
近年では、男性だけでなく女性のバイカーも増えているので、このような仕様はバイカーにとって嬉しい限りです。

Z900のスペック

ETC2.0車載器キットが標準装備となっており、948cm3水冷4ストローク並列4気筒エンジンで吹け上がりが高くなっています。

街乗りだけでなく、ワインディングロードを軽快に走れるスペックも有しているのですが、こちらはφ41mm倒立フロントフォークにより成立しています。
エアクリーナーボックスの改良により、ムラ無く加速するレスポンスも有しているので、従来のバイクよりも加速性能が高いです。

このように乗り回しにおいて高いスペックを誇っているのですが、径300mmペタルディスクも採用されていて、制動力にも優れるという一面があります。