サイドバッグ

サイドバッグを選ぶ時の注意点

サイドバッグは、バイクキャンプツーリングの際に荷物が多くなりがちなので、シートバッグに入りきらない時に考えれば良い、というアイテムではあります。
そんなサイドバッグの選び方のコツには、どのようなものがあるのでしょうか。
サイドバッグは基本的に外さない、ということは意外と知られていませんが、そういった点も含めて考えた時、どう選ぶのかを知っておきましょう。

最も重要なのは、マフラーと接触しないかという点です。
きちんと選ばないと、大丈夫そうに見えたから購入したが車体が傾いたらマフラーと接触し溶けてしまった、ということも起こりえます。
固定されずブラブラ揺れるタイプもありますので、そういう点にも注意します。
揺れないタイプが良い場合、バイク本体のステップとバッグの下部に繋げるベルトがあるものを選ぶと安心です。

サイドバッグを外さない理由は面倒だからなのですが、外さないということは雨に濡れる可能性があるということでもあります。
防水のものを選ぶというのも良いですが、サイドバッグの中にテントを入れておき、キャンプ場に着いたら空にしてレインカバーをかけるのが楽でしょう。
ただ、レインカバーがないものも多いため、選ぶ時には注意しましょう。

大容量タイプのサイドバッグの場合、バランスが崩れないかということにも注意しなければなりません。
いきなり大容量タイプを購入するよりも、最初は30L程度の容量のものがおすすめです。

サイドバッグ購入を考えるタイミング

バイクキャンプをするから、といきなりサイドバッグを購入するのは早計かもしれません。
まずは、シートバッグでバイクキャンプをしてみてから、購入を考えた方が良いでしょう。
バイクキャンプに慣れてきて持参する荷物が増え、シートバッグでは容量が足らない、となってからサイドバッグを追加すると実用的です。