グローブ

グローブの種類について

ライディング用装備は、自分が持っているバイクの種類によって選ぶ必要があります。
そのためには、ある程度どういった種類があるのか知っておくことが大切です。
たとえば、オフロード用のグローブは、オンロード用と比較して伸縮性に優れ、操作性やフィット感、また見た目も華やかなデザインが多いため、初心者ライダーがつい買ってしまいがちです。

また、プロテクターが入っているもの、入っていないもの、厚手、薄手のもの、丈が長い、短いものなど色々なものがあります。
これに関しては好みもありますが、プロテクターが入ったものは当然ながら防護性が高いです。
ですが、女性だと男性より握力が弱い人が多いため、あまり頑丈なグローブだとレバー操作がしづらい可能性があるのです。
その場合、安全性では少し劣ったとしても、プロテクターの入っていないグローブの方が向いているということになります。

実際に売り場で色々なグローブを試着させてもらい、バイクに乗っている時の手の動きをしてみるなどして、自分が使いやすいと感じられるものを選ぶようにするのが1番です。

グローブの素材、形状について

グローブの選び方には好みも大きく関わってはきますが、素材について言うのであれば、本革のものがおすすめです。
合皮と比べると、やはり丈夫さがかなり違います。

形状については、夏場になると暑いから軽装にしたいなどの理由で、ハーフタイプの指先がないグローブをする人もよくいます。
ですが、これではグローブをしている意味があまりありません。
グローブは、事故や転倒の際に手、指を保護するという役割も持っています。
ハーフタイプだと指がむき出しですので、万一の時に指に大怪我をする危険性があるのです。
このことを考えれば、夏でもきちんと指先まで覆われたタイプのグローブの方が良い、と言えるでしょう。