スロットルアシストの選び方

スロットルアシストTR001

この商品は、メーカーROUGH&ROAD(ラフアンドロード)のTR001という商品名で販売されています。

スロットルアシストは、ハンドグリップに装着させるパーツなのですが、TR001は、普通のものよりグリップの素材が柔らかいです。
長時間の走行に欠かせないグリップ性能、そして、長時間の使用であっても手を傷ませない工夫が成されているので、とりあえずバランスの良いスロットルアシストを探している人は、TR001を選択で問題無いでしょう。

ただし、TR001は慣れるまでに時間がかかります。
スロットルアシストそのものに慣れていない人は、街乗りでTR001を試して、慣れてきてから長時間の走行で使用してみると良いです。

TR001は価格も安いので、他のメーカーより安いものを選びたいという人にも、オススメすることができます。

キジマスロットルアシスト201-598

激安の商品を探している場合は、キジマというメーカーの201-598を購入で問題無いでしょう。

スロットルアシストとしての性能は、ROUGH&ROADのTR001とほぼ同じとなっています。
TR001と比較すると、性能的に劣るところはありますが、グリップ性能が悪く感じることもある、素材そのものが傷みやすいように感じる程度なので、長くバイクを乗り回す予定が無い人の場合、それほど問題無く使用できますので、TR001と比較して大きく劣るというわけではありません。

また、スロットルアシストはカラーデザインが少ないです。
ブラック、もしくはブラック以外に1色というケースが多いので、カラフルなスロットルアシストは、ほぼ無いと思ったほうが良いでしょう。

取り付けはケースバイケース

スロットルアシストは、バイク走行で着用が義務付けられているわけではありません。

特に使用するケースが無い場合は、無理にスロットルアシストを装着しないで問題ありません。
例えば、長時間の走行で手を傷めたことがない、疲れたことがないという人は、スロットルアシストが不要な人に分類されます。

その他のケースとして、市街地のみでバイクを利用している場合も、スロットルアシストの恩恵は小さくなります。
このようなケースに分類される場合、使用しないのであればスロットルアシストを下向きにするだけで問題ありません。

場所によっては、信号が多い、もしくは良く整地されている道もありますので、ケースバイケースで購入の決断を取るようにしましょう。
もしくは、市街地に対応しているスロットルアシストを購入して、こちらを使用するようにします。

近年では、チョイ乗りのためにバイクを購入する人もいるため、このような人向けの商品も販売されているのです。