ジャケット

バイク用ジャケットについて

バイクに乗っていない時でも着ていることがあるため、ジャケットはグローブやヘルメットなどのように安全性のみならず、色、デザイン、着心地などにもこだわって選びたいものです。
当然ながら機能性、安全性についてもおろそかにはできません。
というよりも、まずはそちらが優先にはなります。
一般的なジャケットとバイク用ジャケットの違う点は、適度な通気によってジャケット内が蒸れないようにするベンチレーション、防水、保温、プロテクターなどといった機能が付いている点です。
そして、種類によっても機能は変わってきますので、ある程度のことは知っておかないと選ぶ時に困ります。

バイク用ジャケットの種類について

真夏や真冬のような極端な暑さ、寒さのない時期であれば大体使えるのが、スリーシーズンジャケットです。
スリーシーズンは、春、秋、冬の3つのシーズンのことを言います。
中には脱着式インナーがついたタイプもあり、それなら真冬でも使えます。
ゴアテックス、ナイロン、皮など色々な素材のものがあります。
ゴアテックス製だと撥水機能もある程度ありますから、ツーリングに向いています。

真夏であってもジャケットなしでのライディングは危険なため、避けた方が良いです。
転倒した時に怪我をしやすくなるだけでなく、直射日光のためにきつい日焼け、熱射病になってしまうことがあるからです。
そんな真夏に、普通のジャケットでは暑くて着ていられないという場合、メッシュ素材のジャケットがおすすめです。
メッシュなので通気性が高くて蒸れにくいですし、プロテクターがついたものもあります。

真冬にはウインタージャケットが活躍します。
真冬のバイク走行中は、体感温度が外気温と比べ2度から3度は低く感じます。
防寒のために長い着丈のPコートタイプ、中綿インナー付きのものなど、走行風が侵入しないような工夫が施されているのが、ウインタージャケットです。
一般的なダウンジャケットなどだと、転倒した時に路面との接触で破れやすく、避けた方が良いでしょう。
できるなら、プロテクター入りのバイク用ウインタージャケットを用意します。

革製のレザージャケットは、転倒した時に破れづらいため安全性は高めですし、防風性にも優れています。
一方、汗などが揮発する性質、保温性は低めなので夏はジャケット内が汗だくに、冬にレザージャケットだけだと寒い、ということも少なくありません。
汗を吸収しやすい差沿いのインナー、保温性に優れたインナーなどと一緒に着用する方が良いでしょう。