ちぱるさん

バイクを愛するちぱるさんの愛車は?

モデル、レースクイーンとして活躍されているちぱるさんは、2004年からSUPER GTのレースクイーンを10年連続で務めたという国内記録を持っています。
明るく元気、行き当たりばったりでも行動できるポジティブな性格で、茨城県のインターネットテレビでは、バイクで茨城を廻り紹介するという番組に出ておられます。

オートバイの事に精通している彼女は、ブログでもカスタムパーツなどを紹介していますが、カスタム系の雑誌よりもずっと影響力を持っているといわれるほど、バイクについて詳しく人気があるのです。

リチウムフェライト・バッテリーなどは彼女がブログでいち早く紹介し、そこから全国に人気がひろがっていったというほどです。

バイクの連載は18歳からという筋金入りのバイク女子

バイクに詳しい彼女はもちろん、自身も愛車を持っていて、現在はACサンクチュアリーでフルカスタマイズされたというカワサキ GPZ900R通称「ちぱる1号」と、KTM200DUKE通称「ちぱる2号」にのっています。

彼女は18歳という若い年代からバイク雑誌の連載を持っているという女子で、現在も本文を撮影なども受け持って連載を行っているという事でも、異例な方と感じます。
それほど、彼女はバイクを愛し深く理解しているという事でしょう。

バイクマンガで人気のある漫画家さんのイラストとちぱるさんの愛車がバイク雑誌の表紙を飾り、その後も雑誌にたびたび登場し、まるでその方が描いているマンガ、その世界から抜け出てきたような人といわれています。

レースクイーンという立場でもあった彼女はレースも大好き、実際に、船橋オートレース場オーバルコースで公営競技のオートレースプロ選手とレースを行ったという実績も持っています。

市販車と陸上自衛隊の偵察小隊がコラボするという偉業も成し遂げる

ちぱるさんは、2015年にマスコミにほとんど登場しないという隠密部隊、陸上自衛隊の第一空挺団中隊、偵察小隊のオートバイ9台と共に、史上初めて市販車「KTM200DUKE」を平行走行するという事も行っています。

マスコミにもほとんど姿を見せないというこの部隊の方々が実際に市販車と初めて走るという事で話題になり、これも雑誌に掲載されています。

また彼女の愛車ちぱる1号は、2016年の神戸カワサワールド、カワサキモーターサイクルフェアに展示されました。
マーカー博物館にカスタマイズされているバイクが展示されるという事は非常に珍しく、これも彼女の偉業となっています。

グラビアアイドルとしても絶大な人気を誇り、正統派グラビアアイドルが大勢出場していた大会でも周囲の予想に反し、ライダーたちからの絶大な支持を受けて優勝しています。

バイクが好き、という気持ちを貫き、様々なことにチャレンジするこの姿勢は、らいだーたちにとっても最高の存在で、女神的なイメージとなっているのでしょう。