カワサキバイク VERSYS-X 250 ABSを紹介

高い汎用性を持っているカワサキのバイク「VERSYS-X 250 ABS」

高い汎用性を持っているとして人気のカワサキバイク、VERSYS-X 250 ABSはVersysシリーズのニューモデルとして登場したバイクです。
このシリーズはいずれも高い汎用性を持っているとして知られているシリーズで、未舗装でも走破性高く走る事ができるとして知られています。

大型アドベンチャーモデルというバイクなのですが、未走路でも高い操作性を持ち、快適性も利便性も合わせて持っているという非常に優れた面を持っています。

軽量で扱いやすい、しかし既存の大型アドベンチャーモデルにはない気軽乗りこなすことができるバイクとして非常に幅広い層から人気があります。

未舗装路でもしっかり軽快に走る理由は、大径スポークホイルを採用している事、またロングストロークサスペンションを採用していることなどが要因となっています。
ロングツーリングでもしっかり走りこなすことができる性能もこのバイクの大きな魅力です。

ニンジャ250譲りのエンジンが魅力

ニンジャ250搭載のパラレルエンジンを搭載しているというVERSYS-X 250 ABSは、ベースモデルが何か?とわからないくらいです。
フレームが新設計となっていて、アップライトなカウル、スクリーン、さらにハンドルはこのバイクの車格を大きく見せることに役立っています。

前後のサスペンションもストローク量が増大しており、車高が高い事もあり、見た目には400ネイキッドよりも大きい?と感じるほどです。

ツーリングでも長い距離をこなすロングツーリングの場合、ある程度のサイズがほしくなりますが、VERSYS-X 250 ABSは十分なサイズ感があり、シートも高さがあるのでロングツーリングに向いています。

しかしタイヤがオンロード色で非常に強いタイプなのでノイズも少なく、接地する感覚もオンモデルといっていいイメージです。
高速巡航性能についても、250でありながら400クラスといってもいいほどで、安定感もしっかりあります。

少々強引に車線変更するというとき、強引な走行がそうならないような収束性も大きな魅力となっています。

エンジンからの振動が少ない

走りだしからすっと快適なVERSYS-X 250 ABSは、エンジンからの振動もかなり少なくできています。
100km/h、6速での走行の場合、エンジンの回転数が7800回転とかなり高くなるのですが、実になめらかに走ります。

通常1万回を超えるおストレスを感じるものですが、このVERSYS-X 250 ABSの場合、あまりストレスを感じないように作られています。

シングルエンジンが主流といわれる250アドベンチャーですが、VERSYS-X 250 ABSはこのクラスの中のスタンダードスポーツバイクよりもずっと快適で、爽快な走りを楽しめるバイクとなっているのです。

排気量の小ささもあり、このクラスのバイクはロングツーリングも十分こなせる力を持っています。
小さいという事を利用し大型アドベンチャーのようにクルージング性能を活かした走りができるということもほかのバイクにはないよさだと思います。