カワサキバイク エストレヤを紹介

上質パーツが惜しげもなく利用されているエストレヤ

上質なパーツが惜しげもなく利用されていると評判のエストレヤは、クラシックバイクファンにとってこたえられない魅力が詰まったバイクです。
クラシックモデルの中でも、伝説といわれてきた名車たちが源流となっていることで、とにかくかっこよく魅力的なバイクに仕上がっているのです。

1992年から発売が始まったエストレヤは、カワサキの250㏄サイズのバイクで、星という意味のエストレヤという名前が付いています。
ボディは非常にクラシカルなイメージで、そのボディを見てみると確かに星のようなイメージがあるのかもしれません。

外見はクラシックですが、性能、機能性、快適性と抜群です。
ランディングポジションにも工夫が凝らされているバイクとして、クラシックバイク好きなライダーにとって魅力いっぱいのバイクなのです。

何よりデザインが魅力的なエストレヤ

エンジンのシリンダーが直立している特徴的なデザイン、このエンジンはバフ研磨されているのでよりこのバイクを美しく見せています。
ピカピカの光沢があるボディ塗装、各パーツに施されているクロムメッキがこのバイクの質の高さをより向上させています。

ハンドルバーにしても735mmというシートにしても、ランディングポジションがより向上するように作られています。
足つき性を考慮しているので、女性でもこのバイクは乗りやすいのではないでしょうか。

フットペグがライダーの無理のないポジションに配置されていることも、快適性、安定性をぐっと引き上げています。

ブレーキレバーについてはライダーの手になじみやすいように作られており、ブレーキは4段階、クラッチレバーは5段階というポジションで調整する事ができます。

バランスのいいフレームと扱いやすいブレーキも魅力

フロントディスクブレーキ、リヤドラムブレーキ、このコンビが扱いやすく、ブレーキの操作性についても非常に評価が高いバイクです。
ユニット化されているフロントブレーキマスターシリンダーは、エストレヤのクラッシックな外観によくマッチしています。

フレームはスチール製セミダブルクレードルフレーム、これもまたこのバイクのデザイン性を高めています。

外見の魅力だけではない深い魅力があるエストレヤ

クラシックな外観に目がいきやすいのですが、エストレヤは、ただ外観に魅力があるというバイクではなく、実際にこのバイクに乗っている方のお話を聞くと、サイズ感がよく安定した走行ができるストレスのないバイクといいます。

遠乗りもいいですし、通勤にも最適、またコンビニにちょっと買い物というときにも適しているといいます。
デザインだけ見るといかにもプロ仕様という感じがしますが、実は初心者にもやさしいバイクといえるのかもしれません。

エストレヤはこれまで名車と呼ばれたメグロ、イギリスメーカーのBSAといった電鉄的なバイクの影響を受けているといわれているので、かっこよさは当然なのですが非常に質の高いバイクと考えることが出来そうです。