カワサキバイク Z1000 ABSを紹介

カワサキ Z1000 ABSの特徴とは

「Sugomi」を持っているバイク、パフォーマンスもよしというバイクがカワサキ Z1000 ABSです。

力強く加速する1043c㎥水冷4ストローク並列4気筒エンジン、リアフレクターレスタイプでコンパクト設計となっているLEDヘッドランプ、アシストとクリッパークラッチは軽い操作感が魅力です。

サスペンションにはセパレートファクションフォーク-ビッグピストン、ランディングについては人間口角に基づきポジション造りされているという非常に丁寧に作られているバイクです。

スーパーネイキッドと呼ぶにふさわしいバイクで、非常に優れた走行性を持っているのも、カワサキZ1000 ABSの特徴です。

見た目はエイリアン、特徴的なルックスを持っているZ1000 ABS

低い位置に装着されているヘッドライトがまるでエイリアンのようといわれる独特なルックスを持っています。

Z1000 ABSはNinja1000と同様のエンジン、フレームが採用されている兄弟車両となるのですが、ヘッドライトの特徴的なフォルムやタンクの形状などNinja1000と同じフレーム、エンジンを採用されているとは、外観方全く感じないバイクです。

ヘッドライトが特徴的といわれているZ1000 ABSのヘッドライトは、通常のLEDライトとは違い、リフレクターに反射させる一般的なものが使用されていません。
厨房に二眼のロービーム、外に二眼のハイビームを装着、ハイビームの時には全灯が高校と前を照らす構造となっています。

こうした車両の中でもこのヘッドライトの構造は、非常に視認性に優れているヘッドライトとして評価されています。

オイルタンクもNinja1000 と違う形状

Ninja1000と兄弟という事で似たような箇所が多いのではと思う方も少なくありませんが、このZ1000 ABSは、オイルタンクもNinja1000と違うものが採用されているため、まったく違う形状に見えます。

タンク容量は17リッターで、2リッター少ない仕様ですし、何よりもパワーモードセレクト機能とトランクションコントロール機能がない、という事も大きなといわれているのです。

トランクションコントロール機能があると滑りやすい路面でも安心して走ることができるため、この機能がほしいという方も少なくないようです。

ただランディングサポート機能として、アシスト&スリッパークラッチが採用されているため、このあたりは安心感が強いバイクです。

現在このバイクは海外仕様車両という事で、手に入れるために逆輸入する以外なかったのですが、現在は国内仕様が販売されていますので、手に入れやすくなったバイク都いえます。

ネイキッドが好きな人には最高のバイクとなるこのZ1000 ABS、すでに国内仕様が販売されていますので、高いSugomiとパフォーマンスを実現しているこのバイクを愛車にする夢も叶えられやすくなっています。