パンツの選び方

ツーリングはライディングパンツで出かけよう

皆さんはツーリングには、どのような服装で出かけられているのでしょうか。
気軽なジーンズで出かける方もいるかもしれません。
しかし、安全かつ快適にバイクを運転するために、ライディングパンツを穿くことをおすすめします。

ライディングパンツはパッと見てカッコイイのはもちろんのこと、バイクを操縦する際の安全面や快適性を考えてデザインされていますから、さまざまなメリットがあります。
今回は私が考えるライディングパンツの特徴やメリット、選び方などをまとめてみました。
ライディングパンツ購入の際の参考になれば幸いです。

安全かつ快適なライディングパンツ

まず、ライディングパンツの最大のメリットは安全であること。
バイクは自動車のように、車体で体を守られていません。
転倒などのトラブルがあれば、そのまま道路に転がり落ちてしまいます。
そのときに、下半身をしっかりと守ってくれるのが、ライディングパンツです。

ライディングパンツは強靭性能に優れています。
転倒したときも擦過傷などを防いでくれます。
内ももなどバイクと接触する部分は生地が傷みやすいのですが、ライディングパンツは接触部が頑丈に作られているので、生地が劣化しにくいのもメリットです。

さらに、快適性にも優れています。
ライディングパンツは通気性に優れていると同時に、風もしっかりと防いでくれます。
バイクは風が体に直接当たり、長時間走っていると寒さで体がこわばることも多いですね。

しかし、ライディングパンツは風もしっかりと防いでくれます。
ツーリングで長時間走ると疲れますが、防風性に優れるライディングパンツを穿いていると、疲れにくくなります。

革製のプロテクター入りがおすすめ

ライディングパンツにはさまざまな種類があります。
最もポピュラーなのが、革製のものです。
革製のライディングパンツは防寒性に優れ、頑丈です。
転倒しても破れにくくしっかりと体を守ってくれます。
また、体にぴったりとフィットするので運転しやすいのでおすすめです。

この他にも軽量なナイロン製の商品もあります。
価格が安く購入しやすいのですが、革製のものに比べて耐久性が低いのがデメリットです。

そして本格的なライディングにおすすめしたいのが、プロテクター付きのものです。
プロテクターは単体でも販売されていますが、パンツ本体に標準装備されていれば、プロテクターがズレたり外れたりする心配がなく快適です。

また、ライディングパンツは秋・冬は防風性能に優れる革製のもの、夏は通気性に優れるメッシュタイプなど、季節によって使い分けましょう。
ライディングパンツを穿くと、これからバイクを運転するという気分になってテンションが上ります。
安全かつ、快適、さらにカッコイイ!これがライディングパンツの魅力です。