カワサキバイク Z650 ABSを紹介

カワサキ Z650 ABSは軽快な走りが魅力

カワサキのバイクはどの排気量のバイクも魅力があり、カワサキらしいバイクが多いのですが、中でもカワサキバイクのZ650 ABSは、軽快な走りが魅力的なバイクに仕上がっています。

エンジンは649㏄水冷並列2気筒エンジンで、低速・中速回転域のトルクを重要視したエンジンとなっています。

Z650といえばバイクファンにとって、サッパーをイメージされる方が多いと思いますが、今回のZ650 ABSは、ネイキッドスポーツZシリーズのミドルクラスモデルです。
外観こそ、Z1000というイメージがあり、Z1000のコンセプトであったSugomi(凄み)が継承されています。

非常に軽快ハンドリング、爽快な走りが魅力となっているZ650 ABSは、外観も親しみやすいイメージを持ったバイクです。

スタイリングはネイキッドらしく仕上がっている

洗練されたイメージを感じさせるZ650 ABSは、運動性能もぐっと向上し、大型免許を取得して最初に乗るという事なら、このバイクをお勧めするといっていい乗り心地のいいバイクです。

ライトが角張り、アンダーカウルなど装着していない点など、ネイキッド特有のスタイルを保持しています。
メーターもデジタルとアナログが装備され、ライトの上部分にしっかりコンパクトに収まっていて、このあたりもバランスのいいデザイン性を感じます。

Z650 ABSはブレーキとABS

Z650 ABSはフロントブレーキに300mmのダブルディスク、2ピストンキャリパーを採用、リアには220mmのディスク、シングルピストンキャリパーがセットとなっています。

標準装備のABSはカワサキスポーツバイクに利用されている、Kawasaki Intelligent anti-lock Brake Systemです。

走行シーンに応じて柔らかなブレーキングができるようにABS作動時にはECUデータが利用されています。
スポーツ走行している場合にABSが作動した時、程よく違和感のないブレーキングができるというのも大きな魅力です。

気軽に乗ることができるでもスポーツ性も抜群

気軽に乗ることができる扱いやすいバイクですが、優れたスポーツ性能も兼ね備えています。
軽量でスリムなデザインとなっているため、足つきもよく、ハンドリングも実に軽快です。

シート高は790mm、スタイリッシュナデザインで足つきが悪いかなと思うのですが、実際にまたがってみると良好な足つきなのです。

クラッチレバーとブレーキレバーは5段階調整が可能で、LEDテールランプにZの文字が浮かび上がるというあたりもカワサキがしっかり作り込んだバイクというイメージがあります。

スポーティで扱いやすいという特性を持っているカワサキのZ650 ABSは、実はストリート最強なのではないかというくらいに、安定した走行と爽快な走りが魅力です。
これから大型バイクに乗るという人には、こういう操作性の高いバイクがおススメです。